FC2ブログ

大好きな君へ 

呼んでくれているかも知れない 貴方へ

 

 

何をしてあげればいいのだろう

何が出来るのだろう

 

歩き方を忘れてしまった貴方に

どう手をさしのべればいいのだろう

 

それとも ただ黙って見守るしかないのだろうか?

 

クリスマスだというのに心に木枯らしが吹いている貴方を

どうやって温めてあげればいいのだろう

 

抱きしめても 抱き留めても

砂のようにさらさらと逃げていく

 

いったい私何が出来るのだろう

 

心  なんて難しいものなんだろう

 

でも 忘れないで!

いつだって私は貴方を見ているよ

いつだって貴方のひと声で飛んでいってあげられるよ

いつだって  いつだって 大好きだって叫んでいるからね

 

 

スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment