FC2ブログ

きたやまおさむ 

木曜日に医師会主催の講演会を聞きに行ってきました。

 

講師は「きたやまおさむ氏」

 

私が子供の頃彼は300枚のCDを友達のために作りました。

その中にかの有名な「帰ってきた酔っぱらい」があって一人歩きして

300万枚のヒットになったのです。

でも、当時京大の医学生だった北山は芸能界から去り、医学の道へと戻ったのです。

 

小学校の頃、家が結構近くて、身近に感じた北山修はあこがれのお兄さんでした。

 

自切俳人の名でオールナイトニッポンに出ていたときは、楽しみに聴いた物でした。

 

その彼が、講演に来るのですから聞きに行くしかないでしょ^ ^

 

テーマは「人生の紡ぎ方」

 

さすがにオールナイトニッポンで鍛えた話術は衰えることなく ますます磨きがかかって面白い!

ロマンスグレーになったものの、仕草も表情も昔のままでした。

 

さて、お話の概略は、

 

人の心には裏と表がある。

人は裏の心に、動物性とか幼児性といったものを隠し持っている

 

その奥底には、70歳になって80歳になっても変わることなく

3歳や4歳の時、一人残された寂しさや、捨てられた悲しみのようなものが

残っている。

たとえば震災の時の、あの何分かの揺れの時の恐怖は今このときもそのままで

残っている人もある。

 

ただ、大人で生活するということは、そういったものに蓋をして、知らぬ顔で普段は

生活している。

でも、心が弱ってきたり、裏の心が満タンになってくると

その蓋を押さえきれなくなって飛び出してくるようになる。

 

それが、簡単に言うと鬱の症状である

 

ではどうするか

 

人によって違うけれど、いろんな方法で人はカタルシスを経験することで

その感情を浄化して行くことができる。

 

そうやって人は、何とかやっていって居る。

 

 

では今なぜ、こういった心の病を持つ人が増えているか

 

それは、昔はその発散の場所が結構あったのだけど、それがどんどんなくなっていった。

 

たとえば、嫌なことがあるとみんなで飲みに行って、裏町に入り込んで発散していたものが

難しくなったし、そこで話したことはそこだけというルールがあったものが、

転職する人が多くなりそのモラルがなくなってきて、安心して発散できなくなってきている。

 

また、井戸端会議でも、必ず悪口を言い合う場だったけれど、そこで話したことはそこだけというルールがあったのに、引っ越しする人が多くなってそのルールが守られなくなってきて

そこでも発散できる場所がなくなってきている。

 

そういったことが原因のひとつにあります。

 

では、身近にこういった人が居た場合  どうしてあげたらいいか

 

それは、黙って話を聞いてあげることです。

話すことで浄化され、立っていられるようになるってことが往々にしてあるんです。

 

ある種、母の無償の愛みたいなものが、心理カウンセラーの仕事なんです。

 

昔は、医学も進んでいなくて、できることといったら、痛みを訴える患者の話を聞いてあげることしかできなかった。  でも、聴いてもらうことで患者は良くなることも多々あった訳です。

 

でも、今は、医者が忙しくなりすぎて、患者の眼を見て話すこともなくなってきている。

そこで、その話を聴いて癒しを与えるための仕事として心理カウンセラーが登場したわけです。

 

欧米では、一家に一人カウンセラーがつくほど浸透していますが、

日本ではまだまだですねぇ。

 

是非一度のぞいてみてください。

 

 

そんなお話でした。

スポンサーサイト



15 Comments

女神★おねぇ★  

なつかしぃなぁ~~~帰ってきた酔っ払い!!!
あかんわ今日はこの歌一日中くちずさみそうやわ。。。

関係ないけど、走れコータロー。。。河内のおっさんの歌。。。何故か思い出してしまった

2007/10/08 (Mon) 13:33 | EDIT | REPLY |   

翔子  

うん、どれも懐かしいなぁ^ ^
なんか関西ののりやんねぇ

2007/10/08 (Mon) 16:31 | EDIT | REPLY |   

つなで  

話すと楽になるって・・・あるなぁ~(*´ェ`*) 

2007/10/08 (Mon) 21:51 | EDIT | REPLY |   

YORK  

え・・・北山修さんって、お医者さんになられていたんですか??
あの素晴らしい愛をもう一度 なんて大好きでした。

2007/10/08 (Mon) 22:15 | EDIT | REPLY |   

ピヨピヨヘタ  

つい先日もNHKで特集をやっていたばかりだよ。フォークの先駆けだから今だに取り上げられることが多いね。医者になったのは知っていたけど講演会をやっているのは知らなかった。

2007/10/08 (Mon) 23:26 | EDIT | REPLY |   

kurozowosan  

綺麗な姉ちゃん、好きです~^^

2007/10/08 (Mon) 23:31 | EDIT | REPLY |   

えいじ  

フォーククルセダーズの帰ってきた酔っ払い、当時小学生の低学年で 歌ってました♪ お医者様だとはしりませんでした^^;

2007/10/09 (Tue) 05:44 | EDIT | REPLY |   

沙羅朋  

いいお話を・・・ありがとう~ 人に話すことでこころが解きほぐされるって有りますね
 

2007/10/09 (Tue) 08:34 | EDIT | REPLY |   

りすらぶぅ  

ウツ、、、そうそう 発散できる場が今はあまりないのかも
σ(・_・)もこういう講演会ききにいきたいなぁ

2007/10/09 (Tue) 09:55 | EDIT | REPLY |   

へきる  

どんなに医療技術が発展しようと、コンピュータが栄えようと、
人の心にかなうものなどない と思います☆


2007/10/10 (Wed) 00:12 | EDIT | REPLY |   

たまるちゃん  

時々叫びたくなるのは裏の心が満タンになった時か・・・・^^;;
自殺する人の気持ちはわかるけど、私には勇気がない・・・

2007/10/10 (Wed) 07:56 | EDIT | REPLY |   

☆珠ぺちゃ☆  

いいお話だね^^
話すだけで救われるときもあるもんね^^

2007/10/10 (Wed) 09:20 | EDIT | REPLY |   

翔子  

つなでさん:うんうん、それで共感してもらえたら、すーっとするよねぇ

YORKさん:ロマンスグレーになっていたけど、全く変わっていなかったですねぇ
昔、あの皮肉屋さんのところも含めて大好きだったの

ピヨさん:そうなんだ^ ^;残念!講演はそんなにやっていないんだと思うけど、こちらの医師会に同期生がいてボランティアでやってもらえないかということで頼まれたようです。今は熊本大学で教えているのと、東京に病院があるようです
お家は京都にあるのかなぁ?

2007/10/10 (Wed) 09:38 | EDIT | REPLY |   

翔子  

kuroさん:じゃぁ、天国から追い返される口でしね^ ^

えいじさん:初めて聞いたときのインパクトはすごかったですねぇ^ ^
子供はみんな歌っていたような気がします^^;

沙羅朋さん:本当はこんなに簡単じゃないんですが、一時間の講演でわかりやすく話してくれたので、それを渡し流の解釈だから間違っていたらごめんね
でも、人が黙ってうんうんと聞いてくれることが癒しになるってわかる気がしますよねぇ
私はどうしても、「でもね」っていってしまって・・・・・・反省しています

2007/10/10 (Wed) 09:42 | EDIT | REPLY |   

翔子  

りすらぶちゃん:でしょう!講習会してくれたら行くのになぁ・・・っておもいました
周りにすごく多くて、でも、どうして接していいのかわからなかったけれど
聞いてあげるだけなら私にもできるかなぁと思いました

へきるママ:そうですよねぇ、人は人によっていやされる物なんだと思います
心を尽くす  いい言葉が日本にはありますよねぇ

たまるちゃん:だね(^_-)  中学頃自殺することばかり考えていた時期がありました
体が悪くて思うように動けなくて、友達もできなくて・・・・
でも、いっぱい愛情かけられているとそれもできないんですよねぇ・・・・
だから子供ができたとき、とりあえずどうしていいかわからないけど、いっぱい愛情だけはかけようと思いました

珠ちゃん:うん、お医者様でゆっくり話を聞いてくれる先生はやっぱりいいお医者様なんだなぁと思いましたよ

2007/10/10 (Wed) 09:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment