FC2ブログ

思い出 

心海さんのブログを覗いて田植えの記事を読んできた

 

とたんに記憶がずっと以前に飛んでいった

 

 

上の子が幼稚園に入った頃、福井に引っ越した私たち

 

腰の丈までの雑草が生えたお掃除も全くされていない一軒家

 

前任者が都会の方で奥様がこんな田舎は嫌と鬱病になられたとか・・・・

 

引っ越したとたん  トイレもお風呂も真っ黒

 

友達がチームを組んで大掃除してくれた

 

庭は後回しでその日はトイレとお風呂がすぐ使えるようにと一日がかりでぴかぴかに!

 

翌日からは生活に必要なものだけ荷をといて庭の草抜き

 

みんなでしていたら  横の田んぼを見に来たおばあちゃんが

 

「今度の人はちゃんと草刈りしてくれるんだねぇ、根っこからとるんがええよ」

 

と言って畑道具を持って来て教えてくれて手伝ってくれた

 

 

それから  我が家は翔子喫茶に

 

少し離れた社宅に結婚したとき一緒に過ごした仲間が

子供を幼稚園や保育所に送って寄ってくれる

 

ご近所で仲良くなった奥様が  良い匂いやねぇと立ち寄ってくれる

 

この辺ではよそのお宅で上がってお茶なんて事はないそう

 

田んぼでお仕事のおばあちゃんはお昼はお弁当を持ってきてるけど我が家の縁側で

 

そんな生活のリズムができた

 

みんな豆から入れるコーヒーを楽しみにしてくれて、大阪に帰るたび買い込んで帰る

 

幼稚園から帰ると二階は子供たちの遊び場に

 

 

 

そして、有り難いことに、田んぼや畑の四季折々の作業が私と子供たちの楽しみになった

 

おばあちゃんの家族が子供たちを田植機や耕耘機トラクターなどのいろいろな車に乗せて

 

作業を見せてくれる

 

私も一緒に田植えをさせてもらって  毎日の水の調節を見せていただいて

 

良い勉強をさせてもらった

 

我が家はGWというと  「田植えだね」そんな話が未だに出る

 

 

でも、おばあちゃんが亡くなって何年たつだろう・・・

 

ダーリンの所に行くとき友達に回ってもらったら、いつの間にか住宅街になっていた・・・

 

寂しいけれど仕方ない、時代は流れていくのだから

 

でも、あの頃が懐かしくよみがえって懐かしかった

 

心海さんありがとね

 

 

 

スポンサーサイト

8 Comments

沙羅朋  

いいお話~~♪ トトロの冒頭シーンが重なってしまいました~(*^ー^*)
長閑で人との交流が温かくて~~ いい思い出を作られましたね~♪
時代の流れで思い出の地がなくなってしまうのは寂しいですが・・・

2009/05/07 (Thu) 09:37 | EDIT | REPLY |   

ぷーぷー777  

人との交流って今の時代なかなか希薄になってますもんね。
そういう人との出会い、付き合いって本当に大事なものだと思うんですけどね。

2009/05/07 (Thu) 15:01 | EDIT | REPLY |   

☆たまちゃ☆  

こんばんは♪
「まんず お茶っこでも・・・」って この辺では 今でも
お茶のみの風習は残っています
誘われたら 素直に お家に上がっていただくのが ルールのようです
お茶菓子は 漬け物・・・
だから 漬け物は欠かせないですね・・・

さてさて
田植え 懐かしい思い出ですね
育てる苦労を知ると 自然に食べ物は粗末にしないから
おこさんがたにとっても いい体験でしたね
心のほんわかする思い出のワンシーンに触れられて 気持ちが凪ぎました

2009/05/07 (Thu) 20:38 | EDIT | REPLY |   

心海  

こちらこそ ありがとうございます。
私は農家の家に生まれ幼い時は田植え機もなく猫の手まで借りたい両親は小学生の私に田んぼに出て稲の苗を一緒に植えるように言われました。
なぜか昨日ぬかるみの田んぼを歩いている時少女時代に記憶が飛びました。
あぁ~私は過去に今に繋がる事を学んでいたんだと 両親に感謝の気持ちでした。
ひとつ違いの姉は田んぼを嫌いました。その姉は都会でマンション生活 緑とは無縁の生活をしています。 人それぞれに縁がある場所 経験も違うのだと・・・。

2009/05/08 (Fri) 09:37 | EDIT | REPLY |   

翔子  

沙羅朋さん:長いお話でごめんなさい
福井はみんな忙しい人が多かったけれど、裏表が無くて私には過ごしやすいところでした 都会は言葉の裏を読まないと行けない人などがいて私には疲れるところです
今はそう言った人を避けて生活できるので良いですけど、子供の役員などの時はしんどかったなぁ・・・

ぷーぷーちゃん:さらけ出して生活できるってすごく幸せ!
そう言う環境って嬉しいです
子供たちにもこんな思い出をあることがすごく嬉しいですねぇ

2009/05/08 (Fri) 17:05 | EDIT | REPLY |   

翔子  

たまちゃ:おぉぉ!良いですねぇお茶うけがお漬け物ってすごくステキ
野沢温泉にスキーに行くと必ず野沢菜がお茶うけに出てきて、それがすごく楽しみだったのを思い出しました
育てる苦労を小さいときに知ることができたのは娘たちにとってすごく幸せなことだったと思っています
ご縁ですねぇ、あのおばあちゃん自分の孫のようにかわいがってくれたもの

心海さん:素敵な思い出をよみがえらせてくれてありがとう
人それぞれ縁がある場所が違う
それって最近よく思います
この生活のために あの経験があったのか
そんなことをよく感じるのはそれだけ年を重ねたせいかもしれません
でも、ちゃんと組み立てられていたレールを走ってこれたから
そんな風に感じられるのかもしれないなぁ

2009/05/08 (Fri) 17:10 | EDIT | REPLY |   

かさぶらんか  

ステキな思い出ですねぇ~(*^。^*)
私も3度の引越しといっても同じ地区内で班をひとつずつ替わった感じでしたが、
どの班にも面倒見のいいおばあちゃん達がいて下さり、子供達が赤ちゃんの頃は
うちの方が日当たりがいいからオムツはうちに干しなさいよ!と言って下さったり、
いろんな事を教えて頂いたり、子供達が大きくなれば危ない事をしていたら、その場で
しっかり叱ってくれたり・・・
わが家も仕事をしてない頃は、お年寄りのお茶飲み場、それぞれのおばあちゃん達が
美味しいお菓子や上等のお茶を持ってくれて楽しい時間を過ごしました。
もう皆さん亡くなられ、家は荒れ倒れかけたお宅もあれば、子供さん達の時代になり
新しいお家が建っていたりしてます。
両親がそばにいなくても、こうしたお年寄りの方々に助けられ、息子達を育てて来れた事を今でも感謝し忘れる事ができません。

2009/05/10 (Sun) 14:26 | EDIT | REPLY |   

翔子  

本当にね、昔はみんなそうやってご近所さんみんなで子供たちを育てたものですよねぇ うちの近所にも 子供たちと同じくらいの男の子たち あのおばさんはうるさいからと思っているのか、未だに会うと大きな声で挨拶してくれます
小学生の頃、返事をするまで何度も声をかけたからね^ ^;

2009/05/11 (Mon) 14:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment