Category: いろは雑記  1/3

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

『 海  』 1 地球上の陸地でない部分で、全体が一続きになって塩水をたたえている所。 地球表面積の4分の3を占め、約3億6000万平方キロメートル。海洋。 2 陸地の中で、広くくぼんで水をたたえている場所。大きな湖沼。みずうみ。 3 ある事物が大量に集まっている所。一面に広がっていること。「血の―」「あたり一面火の―となる」 4 硯(すずり)の、水をためておく所。⇔陸(おか)。 5月面の...

  •  8
  •  0

『無駄』 1 役に立たないこと。それをしただけのかいがないこと。また、そのさま。無益。「―な金を使う」「時間を―にする」2 「むだぐち」に同じ。 無駄というのは難しいものでその時その人によってとても違うものだと思う 今は無駄と思われることも振り返るとそれは無駄ではなく必要なことだったと分かることもある よく人生に無駄はないとか言う確かに無駄というものは無いのかもしれない では時間&n...

  •  14
  •  0

『楽』 [1] 身も心もやすらかな・こと(さま)。安楽。  2] ゆっくりくつろぐこと。身も心もゆったりしていること。また、そのさま  [3] 経済的にゆたかな・こと(さま)。 [4] 簡単でやさしいこと。苦労しないこと。また、そのさま。  などという意味があります  人はともすればこの「楽」に走りたがる生き物ですそして 楽を知ってしまうとなかなかもとには戻れない生き物でもあ...

  •  12
  •  0

『涙』 1 涙腺(るいせん)から分泌される液体。眼球をうるおし、異物を洗い流す作用がある。刺激や感動で分泌が盛んになる。「―がこぼれる」「―を浮かべる」2 涙を流すこと。泣くこと。「聞くも―、語るも―」「―をこらえる」「―をさそう話」3 人間らしい思いやり。人情。情愛。同情心。「血も―もない」4 (接頭語的に)名詞に冠して、ほんの少しの意を表す。「―金」 こうやって辞書を見ると涙が別物に見えてきますよね...

  •  8
  •  0

「願い」 先日 「Themonkey's paw」 というイギリスの小説家W・W・ジェイコブズによる短編小説を読んだ 「猿の手」は一見みすぼらしい猿の前足のミイラであるが、持ち主の願い事を三つ叶えてくれるという魔力を持つ。しかし、その願い事の成就には高価な代償が伴う。 そんなお話です 人は いろんな欲望を持っていますでも、それは自分の中で押さえたり なだめたり飼い慣らしたり普通の人は支配されること...

  •  13
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。